電動ろくろのコツが詰まったDVD教材の販売サイト。TVチャンピオン《優勝》の陶芸王・森裕紀氏が教えます。

初めての方はこちら

初めての方はこちら

森裕紀の湯呑削り中の画像


初めまして。

森裕紀と申します。

徳島県大谷焼の窯元で日々作陶しております。

併設の陶芸教室では生徒の指導もしています。

TVチャンピオンの陶芸王選手権で優勝しましたので
見られた方もいるかもしれませんね。

私が今回陶芸のDVD教材を作らせていただいた理由、
それはとても単純なことです。


「多くの方に正しい陶芸の基礎(電動ロクロの基礎)を身につけていただくこと。」

「電動ロクロで好きなものを作れるようになる最短方法を示すこと。」


それだけです。

それだけって?簡単に言うけど・・・

やはり、陶芸は難しいと思われている方が多いと思います。
特に電動ロクロの習得には年月がかかる・・・と。
「土練り3年、ろくろ10年。」とか。

そもそも「陶芸の基礎」とか「電動ロクロの基礎」って言われても何なのかわからないし・・・
どの教室、どの先生が上手いのかもわからない・・・

その通りだと思います。

しかし、現代はもう「見て盗め!」という時代ではありません。

専門学校や良い先生に就いてきちんとしたカリキュラムで教わると
たった1年でプロになることだって可能なんです。
(もちろんかなり厳しい修行にはなりますし、プロとしてはひよっこですけど。)

陶芸には手びねり、電動ロクロなどいろいろな方法がありますが、
今回は最も難関の電動ロクロに特化してのお話しになります。

と言いますのは電動ロクロというのは手回しロクロなどとは全くの別物で、
基礎がとっても大切だからです。

多くの方が、ただ回転しているだけというその単純な姿のためか、
「簡単だろう」と舐めてかかります。

その結果、ほとんど上達しないままに、5年、10年と時間だけが過ぎていくのです。

もちろん陶芸全般についても触れますので電動ロクロはしない、と言う方でも
読んでいただいて損は無いはずです。

まだ今はロクロをしたことは無いけどいずれしたいな、と思ってる方は
とても恵まれている方ですので5分だけお時間ください!

(以後文中のロクロとは基本的には電動ロクロのことを指します。)



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional