電動ろくろのコツが詰まったDVD教材の販売サイト。TVチャンピオン《優勝》の陶芸王・森裕紀氏が教えます。

商品内容

商品内容


DVD
DVDイラスト

DVD4枚 合計収録時間5時間41分
収録作品

写真に写っている器の制作過程をすべて収録しています。
水挽き・削りまでで装飾や焼成は教材の範囲に含んでおりません。


収録時間収録内容
1枚目[92分]基礎編 「下準備」
    (荒練り/菊練り/土殺し/土取り/ばい挽き)
基礎編 「道具作り」
    (トンボ2種/竹ベラ/コテ/シッタ)
2枚目[85分]基礎編 「器作り」(前半)
    (煎茶湯呑/丸底湯呑/角底湯呑)
3枚目[91分]基礎編 「器作り」(後半)
    (一輪挿し/筒花入れ)
4枚目[73分]応用編 「器作り」
    (壺/皿/タタラ皿)



菊練りの項目を完全公開中です!ご覧ください。(音が出ます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


プラス


テキスト

フルカラー A4サイズ 232ページ
(ご年配の方にも読みやすい様に大きめの文字を使用しています。)

テキスト画像

(画像はテキストの一部です。)


お申し込み特典


特典1




返金保証


上達できなければ全額返金。

上達できなかったという場合には、料金をいただくわけにはいきません。

本教材で上達できないという場合には、ご購入代金の全額を返金させていただきます。 

※返金保証制度についての詳細はこちら

特典2




メールサポート60日間無料!(回数制限無し!)

受講生全員にお申し込み後60日間の無料メールサポートをお付けします。最初は分からないことが多いと思いますので何回でもお問い合わせください。

ご質問がある場合には、受講生専用の質問フォームからお送りください。回答は基本的には月に2回まとめての回答となります。

(メールサポート期間終了後のご質問につきましては、基本的には個別の返信はいたしませんが、必要に応じて受講生限定のメール通信等にて回答をさせていただきます。)

特典3




DVD再生不良時の無料交換保証

DVDが破損したり傷が入って再生できない場合、無料で新品と交換させていただきます。 
(商品お届け後1年間)




おことわり

商品につきまして、予め断っておかなければならない点が
いくつかありますのでそれを説明させていただきます。

1.筒花入れの水挽きは通常の2kgではなく、2.5kgで行っています。
   撮影時の天候の関係で土を増やしました。
   (作り方は何ら変わりませんので問題はないと思います。)

2.DVDの撮影は家庭用のビデオカメラで行った後に編集しているため、
   画質に若干のぼやけやブレがあります。
   また、周囲の雑音(車、雨音)が入っている個所もあります。

3.DVDの盤面印刷方法は、市販の大量にプレスされるDVDとは異なり
   高精細度のインクジェットプリンタでの印刷になります。

4.テキストの写真は動画から取ったものが多いため若干ぼやけています。


これらの点につきましては、予めご了承ください。

内容には自信がありますが、狭い分野を深く掘り下げた商品のため、
大量に製品化することができません。
そのため撮影・編集などはできるだけ費用を抑えています。

御理解下さいますようお願いします。


このDVDで得られるもの


  [check] ロクロで自由に成形ができるようになる。

  [check] ヘラを十分に使いこなせるようになる。

  [check] 器の腰の角さをきっちりと出せるようになる。

  [check] 削りの達人になれる。

  [check] どこか垢抜けなかった作品が見違えるようになる。

  [check] 友人が持ち上げた瞬間「軽っ!」と声がもれてしまう器を作れるようになる。

  [check] 軽く作れるようになって、粘土代が以前より掛からなくなる。

  [check] つまり今までと同じ土の量で数を多く作れるようになる。

  [check] 当然使い勝手も良くなる。

  [check] 友達にプレゼントしても喜んでもらえ、実際に使用してもらえる。

  [check] 他人の作品の良さがわかるようになる。

  [check] 良い教室・先生の見分けが出来るようになる。

  [check] デザイン・釉薬・絵付けなどの装飾に心置きなくこだわれるようになる。

  [check] 高いレベルで陶芸ができるようになり、本当の陶芸の楽しみが理解できる。

  [check] 「趣味は陶芸」と胸を張って言える様になる。

            ・
            ・

あなたのロクロが上達する3つの理由



理由1


私・森裕紀が責任を持って教えるということ


自分で言うのも何ですが、過去に教えた生徒さんはその違いを全員実感していただいています。
過去多くの生徒さんを見てきて、どういうところでつまずき易いか、どう説明したら分かりやすいかを理解しているつもりです。
また私が教える方法は短期間できちんと上達する方法です。

理由2


この上達法は、誰にでもできる方法だということ


この講座を実践するに当たり、難しい知識や難しい方法はいりません。
いきなり難しいことに挑戦するのではなく、やさしいことから一歩一歩段階を経ていきますので無理なく技術を習得していただけます。
忙しくて時間がなかなか取れないという方でも、自分のペースで進めていただければ大丈夫です。多少の早い遅いがあってもロクロの基本で行き着くところはみなさん同じです。

理由3


体系的な方法であるということ


陶芸教室では分からないことが出てきたら先生に聞くという場合が多いと思います。「ヒビが入ったので入らない方法を教えて下さい。」とか「軽く作るにはどうしたらいいのですか。」とか。
本講座はそういった細かい質問に逐一答えると言うよりももっと体系的な上達方法です。
もちろん答えることは可能なのですが、そうした逐一の対症療法ではずっと様々な問題が出続けるはずです。
その解決には、むしろ、正しいロクロ技術を習得していただいた方が早いと考えます。本講座が終了する頃には、文中に挙げた悩みのほとんどが自然に解消しているはずです。


この教材への思い


私があなたにお伝えしたいことは、

「適切な段階を経れば、短期間でロクロを上達させることは誰にでも簡単にできる。」

ということです。

陶芸では、職人には当たり前のことが、趣味でされている人には
ほとんど知られていないということがたくさんあります。

陶芸は難しいからと、きちんと説明せずに、「見て学べ」という先生もいれば、
反対に、「コツなどない。習うより慣れろだ。」と言い放つ先生もいます。

どちらにしても習得に時間が掛かるのが当たり前になっていて、
上達するための指導をきちんとしない。聞かれた時に答えるだけ。

決して体系的な上達法は教えない。(というか教えられない。)

そのためあなたのような向上心のある生徒さんほど路頭に迷っています。

上達したいのだけれど、何が上手いのか基準が分からないし、
到達すべき地点も分からない。

まして上達する道のりなど誰も教えてくれない。

私は折角陶芸に興味を持っていただいたあなたには、
ぜひもっともっと陶芸の良さを知って欲しいと思っています。

そのためには多くの方がつまずいてしまうロクロをさっさとマスターしてしまうことです。

陶芸は釉薬の色遊びだと思って欲しくないのです。
奇抜な形が良いのでもありません。
それではすぐに飽きてしまいます。

しかしながら、今まで、ロクロ上達のための方法を分かりやすく段階を追って
説明した教材はありませんでした。

多くは初心者向けの陶芸の概要を説明しただけのものか、
達人が淡々と作業している自己満足ものかのどちらかです。

言葉できちんと説明してくれないと分かるわけがありません。

また動画でないと分からないこともたくさんあります。
市販の書籍の写真ではまず伝えきれないです。

作りをマスターすれば、その後で、釉薬、絵付け、焼成など
個性を出せるところは山ほどあります。

あなたにはそうした陶芸の本当の奥深さを知ってもらいたいと思っています。

半年後、あなたの作品の評価が、
「いい色ですね!」から、「軽っ!!」と言われる様に
激変していることを私は確信しています。

森裕紀

 



今すぐ電動ロクロをマスターする


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional